個人的なイメージを元とした、ダイヤモンドの凄さや採れる場所などの解説

ダイヤモンドと言えば、お金持ちがカラット数の多い指輪やアクセサリーとして身に着けているイメージがあります。
ダイヤモンド=高価なもの、セレブ といったイメージがあるのですが、ではダイヤモンドの採れる場所やその価値は、いったいどうなっているのか。
それを私なりに調べてみました。

 

ダイヤモンドが産地と言える場所は【アメリカ】【ロシア】【カナダ】【オーストラリア】のみだそうです。
なんでも、火山活動の際に出たマグマが冷え固まって出来たの物の中に、
ダイヤモンドは存在するらしいのです。

 

ダイヤモンドとは別名「金剛石」と言い、天然が作り出す物の中で最も硬い物質とされ、尚且つ電気も通さないという高スペックの持ち主です。
まさに、最強の石じゃないですか!
よくゲームとかで金剛石なんていう名前のアイテムが出てきますが、最強の石となれば、なんとなくカッコイイし、物語に登場させたくなりますね(笑)
しかも、マグマの中から出てくるんですよ?ますます最強感が増しますね!

 

と、冗談を交えながら簡単に解説させて頂きましたが、このように、発掘される場所が限定的である為、「ダイヤモンド」というのは世界的に希少価値がある故に、高値で取引される理由がわかりました。

 

なにより、ダイヤモンドは人を魅了させる美しい輝きを放っています。
ダイヤモンドには「永遠の絆」という花言葉ならぬ、宝石言葉があるらしいです。
結婚指輪に使われるのも納得ですね。
ダイヤモンドを贈る側も、贈られる側もこの宝石言葉を知っていれば、お互いの絆がさらに深まる事でしょう!