2018/07/18 17:07:18 |

ダイヤモンドは店によって買取価格が異なり、相場を確かめて内容を比較して決めることが大事です。買い取ってもらう時はきれいにすると高く売れるため、保管の方法を決めて失敗をしないようにすると満足できます。店を選ぶポイントは安心して依頼できることを確かめ、流通にかかる費用がなければ査定金額が上がるため効果的です。貴金属は時期によって相場が大きく変わる傾向があり、最適なタイミングで売って買い換えると有効活用できます。

 

相場を知る方法はインターネットで一括査定サイトを利用し、ダイヤモンドの種類を入力すると店ごとの査定金額を比較できます。ブランドものは需要が高いと査定金額が上がる傾向があり、自宅やオフィスなどにあるものを処分する際には高く買い取ってもらうと便利です。宅配買取は自宅にいながら手続きができるため手軽にしやすく、忙しくて店に行く手間や時間を省きたい場合にも役立ちます。

 

ダイヤモンド買取の価格を知るコツは事前に一括査定サイトで比較し、高く売れる店を探すきっかけにすると役立ちます。貴金属は汚れが付かないように保管することが重要で、専用のケースに入れて湿気やホコリが付くことを防止することが大事です。買取額は店によって手数料などがかかることもあり、仕組みを確かめて失敗をしないように流れを決めると成功できます。ブランド買取は店が多くて迷いますが、査定担当者と気軽に相談しやすいことを確かめて決める方法が望ましいです。

2018/07/08 18:09:08 |

私はダイヤモンドのアクセサリーは他の石に比べて特別だと思っていたので、自分でダイヤモンドの指輪やネックレスを買ったり、恋人からプレゼントとしてもらったことはありませんでした。結婚する時の婚約指輪とか結婚指輪はダイヤの指輪が良いと思っていたので、結婚する相手以外からはもらわないと決めていたんです。

 

小さなころに母が父からもらったダイヤの指輪を見せてくれたことがあったのですが、これは一番大切な人からもらうものだからと言われ、それがすごく印象に残ってしまったのだと思います。私はアクセサリーは大好きなんです。キラキラしていてすごく綺麗ですし、可愛いですよね。女性ならアクセサリーが嫌いな人は少ないと思います。

 

たくさんアクセサリーは買ったりもらったりしましたが、ダイヤだけは避けていました。付き合っている彼氏にもダイヤモンドのアクセサリーだけはプレゼントしないようにと言っていました。かなり驚かれましたね。

 

そしてとうとう運命の出会いがあり、私はプロポーズされたんです。婚約指輪は大きなダイヤモンドがついている指輪です。なんて素敵なんだろうって思いました。ずっとダイヤモンドの指輪を指にはめてみたいと思っていたんです。私の念願の夢が叶いました。結婚式よりもこのダイヤモンドの指輪を身につけることができたことがとても嬉しいです。婚約者には呆れられましたが・・。

 

やっぱりダイヤモンドって特別だなって思います。他の石に比べると輝きが全然違いますよね。

2018/07/07 15:21:07 |

ダイヤモンドと言えば、お金持ちがカラット数の多い指輪やアクセサリーとして身に着けているイメージがあります。
ダイヤモンド=高価なもの、セレブ といったイメージがあるのですが、ではダイヤモンドの採れる場所やその価値は、いったいどうなっているのか。
それを私なりに調べてみました。

 

ダイヤモンドが産地と言える場所は【アメリカ】【ロシア】【カナダ】【オーストラリア】のみだそうです。
なんでも、火山活動の際に出たマグマが冷え固まって出来たの物の中に、
ダイヤモンドは存在するらしいのです。

 

ダイヤモンドとは別名「金剛石」と言い、天然が作り出す物の中で最も硬い物質とされ、尚且つ電気も通さないという高スペックの持ち主です。
まさに、最強の石じゃないですか!
よくゲームとかで金剛石なんていう名前のアイテムが出てきますが、最強の石となれば、なんとなくカッコイイし、物語に登場させたくなりますね(笑)
しかも、マグマの中から出てくるんですよ?ますます最強感が増しますね!

 

と、冗談を交えながら簡単に解説させて頂きましたが、このように、発掘される場所が限定的である為、「ダイヤモンド」というのは世界的に希少価値がある故に、高値で取引される理由がわかりました。

 

なにより、ダイヤモンドは人を魅了させる美しい輝きを放っています。
ダイヤモンドには「永遠の絆」という花言葉ならぬ、宝石言葉があるらしいです。
結婚指輪に使われるのも納得ですね。
ダイヤモンドを贈る側も、贈られる側もこの宝石言葉を知っていれば、お互いの絆がさらに深まる事でしょう!

2018/07/05 15:08:05 |

ダイヤモンドは、キレイな石で指輪に持って来いの宝石です。

 

カラットも様々ですし、何より光り方が涙の様に綺麗です。

 

そんなダイヤモンドは結婚式に送る最上級の宝石でしょう。

 

しかしダイヤモンドは工業系にも欠かせない代物です。

 

何より硬い事を特徴にしたダイヤモンドは工業系の仕事では命です。

 

工業系では、硬い物との勝負です。

 

特に金型などの製品を作る時には、最終工程では欠かせないダイヤモンドです。

 

その工程は研磨作業にあります。

 

今では研磨作業に欠かせないダイヤモンドになっています。

 

また金型には鉄で硬いと言われる難材をたくさん使っています。

 

なのでそれよりも硬い材料を選んだ時にダイヤモンドに工業系はたどり着いたのです。

 

世の中で硬いと言えばダイヤですから自ずとそういう道を選び選択したのでしょう。

 

しかし、ネックになってしまったのが価格です。

 

ダイヤにたどり着いたはいいですが、普通に買うと何万、何十万、何十万してしまいます。

 

そうなった時に、工業系の皆さんが開発したのが人工ダイヤです。

 

このダイヤモンドで、強力な歯が立たない硬いものでも穴を開けたり、研いだりできる様になりました。
その為ダイヤモンドは工業系の仕事では欠かせない品物です。

 

また、ダイヤモンドを工夫すれば鉄よりも長持ちします。

 

その証拠に、加工している製品を砥石で研磨する時にドレッサーをかけるのですが、昔では鉄のドレッサーをつかっていました。

 

しかし砥石を研ぐのに毎日数多くドレッサーをかけるので、先端の減りが早かったのです。

 

その為、このドレッサーに工夫をこらし先端に人工ダイヤモンドを付ける様になったのです。

 

ダイヤモンドは、柔軟かつ硬いですから研磨をする時には良い結果になりました。

 

その為、毎日何十回もドレッサーを使っても先端が丸まらなく、しかもダイヤモンドを先端が減らないので、工業系にとって経済的に使えるのです。

 

ダイヤモンドは工業系にとっては素晴らしい石です。

2018/07/04 14:42:04 |

ダイヤモンドというと高額といったイメージがありますが勿論種類や大きさ、品質などによっても値段は大きく違ってきます。さらには価格を決定する要因として需要と供給、外国為替相場、通経路コストも挙げることが出来ます。

 

あと品質に関しては「4C」と言われる4つの要素で決定して、重さ、輝き、色、透明度を指します。ちなみに「永遠の輝き」というコンセプトから結婚指輪に人気の石で一般的に輝きを決めるカットは58面カットのモノが多く最高級から劣るまでの5段階に分けられています。

 

カラーについては23段階に分類されて無色である程高ランクで黄色味があるモノはランクが下がってしまいます。また透明度とは不純物や傷の有無を指していて肉眼ではなく10倍に拡大したモノで不純物や傷がないかどうかで判断していきます。

 

ダイヤモンドの重さの単位にはカラットを使用していて、1カラットが0.2gに相当します。結婚指輪として一番人気は0.3カラットとダイヤモンドの中では小ぶりなモノということが出来ます。最も小ぶりといっても質がいいモノだと高額になるのでやはりダイヤモンドイコール高額な商品という印象は間違いないと言えるでしょう。

 

またダイヤモンドは様々なカット方法があり、定番のラウンドブリリアントカットから小判型のオーバルシェイプ、先端が尖っているペアーシェイプは涙みたいな形なのでティアドロップとも呼ばれています。その他にも侯爵の意味を持つマーキースシェイプ、最近人気のハートシェイプなどがあります。